忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   
カテゴリー「熊野古道」の記事一覧

奈久智王子(なくちのおうじ)

平安時代、「蟻の熊野詣」 と呼ばれ 天皇のはじめ多くの貴族がこぞって熊野へ参詣した時期がありました。
後白河上皇には34回 熊野へ御幸されたと記録があります。

京から熊野への参詣道は、現代では熊野古道と呼ばれていますが、この熊野古道には王子社と呼ばれる小祠があります。熊野九十九王子とも呼ばれるほどたくさんあったようです。
これらの王子では儀礼がおこなわれたといいます。

さて、伊太祁曽神社も熊野古道沿いにあります。
観光パンフレットなどには神社近くを通っているように記されていますが、熊野詣が盛んだった当時はその参詣道の一部であったと考えるのが自然です。
伊太祁曽神社は延喜式内社ですし、鎮座の時期は奈良朝より古い時代になります。
熊野の神々に参拝することを目的に、道中でも様々な祈りを捧げながら旅をした当時の人々が、通り道の近くに歴史と格式をもった神社があるのに素通りすることは、ちょっと考えられないからです。

奈久智王子

いずれにしても、伊太祁曽神社の氏子地区に熊野古道が通っており、2つの王子があります。
その内の1つ、奈久智王子のお社の傷みが激しく建て直すことになりました。
改築にあたっての奉告祭を節分の2月3日に行いました。

奉告祭

実際の工事は4月頃になるようですが、とにかく節分に一回お祭りをしておきたいという、王子社の持ち主の強い意向もあり、奉告祭を執り行いました。
工事の際には仮殿を建てる土地の清祓い、そして新しい社殿が出来上がったら遷座祭・奉告祭を執り行います。

拍手[3回]

PR

街道てくてく旅中継 (NHK-BS)

NHK - BS で放送されている 「街道てくてく旅」 の生中継が、今朝神社から行われました。
現在放送されているシリーズでは、熊野古道を歩くとして、大阪を出発して熊野を目指し、最終的には伊勢の神宮まで歩いてゆくそうです。
旅人は、元プロテニスプレーヤーの 森上亜希子さん。

番組ウェブサイト
http://www.nhk.or.jp/tekuteku/
旅人ブログ
http://www.nhk.or.jp/tekuteku-blog/

拍手[0回]

ブログ内検索

祭典案内

12月1日 月次祭

12月10日 冬季祭

12月12日 氣神祭・氣神講講社祭

12月15日 月次祭(奥宮)

12月23日 天長祭

12月31日 大祓

12月31日 除夜祭


1月1日 歳旦祭

1月3日 元始祭

1月15日 卯杖祭

行事等案内

平成30年度 のぼり
奉納募集中

12月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。

12月9日
山下伶奉納演奏
クロマチックハーモニカ奏者の山下伶による奉納演奏が
12月9日14:00から拝殿前で行われます。

12月7,14,21日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]