忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

パワースポットブームに思う

少し前に、「スピリチュアル」 という言葉が流行りました。
この頃、随分と神社がマスメディアに取り上げられ、また神社での拝礼作法などもテレビを中心に詳しく説明されました。

それからしばらく経って、現在は 「パワースポット」 という言葉が流行り、その ”パワースポット” として神社・仏閣が多く取り上げられています。

しかし、昨今の パワースポットブーム に 少々疑問を感じます。

そもそも、パワースポットとはなんなんでしょうか?

「パワースポット」 について、正確な定義は多分ないのだと思いますが、マスメディアなどで取り上げられている雰囲気からして、いわゆる”いやし”の場所となる処を指しているのではないでしょうか?
もしくは、”気=パワー”の得られる場所。

そういう場所として、神社・仏閣が取り上げられるのは、大雑把な方向として異論はありませんが、そのパワースポットにドッと人が押し寄せる現象は異常に感じます。

そもそも、パワースポットなる場所へ、半ば物見遊山的に赴いて、記念写真を撮って帰ってくれば何かを得られるというものでもないと思うのですが・・・。
伊太祁曽神社も和歌山県のパワースポットの1つとして紹介されることがあるのですが、その目的で参拝される方には、キャーキャー騒いで帰ってゆく方が多いように感じます。

東京の某神社の井戸がパワースポットとして紹介されると、その写真を撮るために長蛇の列ができたそうですね。
お昼過ぎに行くと、今日は今から並んでも井戸にはたどり着けませんよなどと云われるというのですから、行き過ぎたブームに思えます。
そもそも、この井戸に行くために並んでいる方達は、その神社自体に参拝はされたのですかね?

パワースポットについて、色々と思うところがあるので、しばらくシリーズ化して綴ってゆきたいと思います。
今回は導入部ということで、この辺りで・・・。

拍手[7回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

こういう風に

  • by こぐま
  • 2010/07/22(Thu)16:05
  • Edit
懐疑的にとられている寺社が多数派なのでしょうか?

Re:こういう風に

  • by 木霊
  • 2010/07/22 17:26
パワースポット自体を懐疑的に捉えてはいませんよ。
実際にその場にいることで気を得たり癒しを得たりする場合もありますから。

ただ、昨今のパワースポットブームの方向性について少々思うところがあるということです。
その辺りをしばらく綴ってゆきますのでご覧いただければと思います。

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式


10月1日 月次祭

10月1日 御井社祭

10月15日 例祭・神幸祭

10月17日 神宮神嘗祭遥拝式

行事等案内

10月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。
10月4日
観月会
いわゆる「お月見」です。
常盤殿で行います。参加費1,000円。
飲食物は各自の持ち寄りです。
参加希望者は予めご連絡下さい。

10月5,12,19,26日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]