忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

第2次お木曳き その2

0676c785.JPG浜参宮を済ませ、今回の宿泊は鳥羽のホテル 「扇芳閣」 でした。
汗を流した後は、揃っての夕食会。
お互い初めて顔を合わせる方も多い中でしたので、取り纏めていただいたグループごとに座っていただき、順次懇親を深めて頂きました。

宮司挨拶の後、関西木材市場の長沼社長の発声で乾杯をし、夕食会が始まりました。
途中、参加者の紹介などを交えながら和やかに会が進み、中盤では木遣りの披露が昨年同様行われました。

8ed18f36.JPG長野県から参加の池田木材池田専務による、木曽の木遣り唄から始まりました。
御用材を切り出す(木曽では「寝かす」というそうです)時に唄われるもの、そして伊勢に向けて運び出す時に唄うものなどをご披露いただきました。
続いては奉曳団による伊勢の木遣りが披露され、お木曳き行事の御用材が聞かされて行く一連のお木曳き唄を、今回も聴かせていただきました。
それにしても、皆さん本当にいい声をしています。

明朝は午前7時半出発で、奉曳出発点へと向かいます。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

第2次お木曳き その3

  • URL
  • 2007/06/08(Fri)
朝6時30分から順次朝食を取り、バスに乗り込みます。 予定の7時30分を少し過ぎて出発しました。 我々が曳くのは1番車。綱の位置は4玉、即ち奉曳車に1番近いところです。 「エンヤー」 の掛け声と共に車を曳いて行きますが、碗鳴りの大きな音にともするとかき消されてしまいます。 ところで 「エンヤー」 は 「栄弥(えいいや)」 からきているとのこと。 神宮の御造営が無事に済み、栄えるようにという願いを込めて曳くのだということでしょうか。 宮町の出発点から外宮までは距離にするとそれほどで...

ブログ内検索

祭典案内

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式


10月1日 月次祭

10月1日 御井社祭

10月15日 例祭・神幸祭

10月17日 神宮神嘗祭遥拝式

行事等案内

10月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。
10月4日
観月会
いわゆる「お月見」です。
常盤殿で行います。参加費1,000円。
飲食物は各自の持ち寄りです。
参加希望者は予めご連絡下さい。

10月5,12,19,26日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]