忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

命名(なつけ)

子供が生まれると、名前をつけなくてはなりません。
昔は、頻繁に改名などが行われていましたが、現代は原則生まれてから名前を変えることはありません。
生まれてから死ぬまで、一生付き合ってゆかなくてはなりませんから、親御さんは我が子に少しでも良い名前を付けようとするのは、親心というものですね。

日本では戸籍法によって、生後14日以内(国外で出生した場合は3ヶ月以内)に届けを出さなくてはいけません。
しかし、日本では古来 「お七夜」 といって、生後7日目の夜に名前を付けてきました。

お七夜 には、命名書 を認めて、神棚や仏壇に供えて、子供が生まれたことを報告します。
命名書は、奉書を折って、子供の名前を墨書します。

また、鯛などを焼いて、祝宴を行いました。
魚は、子供の成長を祈願して 「出世魚」 と呼ばれる、ブリなどにすることもあります。

昔は、新生児の死亡率が高かったため、7日生きていれば、まず一安心ということもあったのでしょう。

新生児の名前は、昔は一族の長老などに 「名づけ親」 になっていただき、考えてもらったりしましたが、最近では夫婦で考えて、神社やお寺に相談して最終的に名前を決めるという方も多く見られます。

伊太祁曽神社でも、命名をしておりますので、時々相談に見えます。
ただ、最近は 「お七夜」 ということが 忘れ去られていたり、そもそもご存知ない方が多いようです。
出生日をお聞きすると、1週間や10日前ということも珍しくありません。

勿論、法律的にはなんら問題ありませんが、やはり 「お七夜」 のお祝いは、きちっとしてあげたいものです。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

名前、それは、、、

  • by まるすぎ
  • 2009/07/27(Mon)19:03
  • Edit
お七夜、存じませんでした。
それにしても昔はたしかに
名前がよく変わっていたとも言えるし、
たくさんあった、とも言えますよね。
ミクシイネームや、WEB上のニックネーム
などが普及するのもわかるような気がしますね。^^

Re:名前、それは、、、

  • by 木霊
  • 2009/08/06 17:44
成長によって名前が変わったのが昔のようですね。
そういう意味では、WEBでのハンドル・ネームというのは、ある意味通じるところがあるのかもしれませんね。
「お七夜」こういう習慣も、子供を思うところから生まれてきた習慣でしょうから、大切に伝えてゆきたいものです。

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

4月1日 月次祭

4月2日 木祭り

4月15日 月次祭(奥宮)

4月29日 昭和祭

行事等案内

4月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。

4月22日
琵琶演奏演会

4月6,13,20,27日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

5月4日(祝)
第10回親子木工教室

くわしくはこちら

植樹します!

グリムスは、ブログで苗木を育てる育成ゲームです。育成中の苗木はブログパーツとしてあなたのブログに貼り付ける事が可能です。

暦(カレンダー)

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]