忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

5月5日は端午の節句

菖蒲(あやめ)?菖蒲(しょうぶ)?5月5日は 「子供の日」 という祝日ですが、もともとは 「端午の節句」 の日です。

端午の節句は奈良時代から続く行事で、もともとは月の端(はじめ)の午日(うまのひ)という意味です。
ですから5月5日を指す言葉ではなかったのですが、午(ご)と五(ご)が同じ音なので混同され、5月5日を指すようになったといいます。

(写真は境内の菖蒲)

その真偽の程はさておき、急に暑くなるこの時期は体調を崩しやすく、そのため5月は 「毒月」 と呼ばれることもあります。
そこで厄除けのために 薬草摘みをしたり、薬草湯に入ったりしました。この日に 「菖蒲湯」 に入るのはそのためです。
また、病気などの災いをもたらす悪鬼を退治する意味合いから、流鏑馬などの儀式も行われるようになったということです。
特に武士の時代になると、 「菖蒲(しょうぶ)」 が 「尚武(しょうぶ)」 に通じるところから非常に盛んになりました。
武者人形を飾ったり、のぼりを立てたりするようになったのもこの頃からではないでしょうか?

ところで、菖蒲は 「しょうぶ」 とも 「あやめ」 とも読みます。
でも、「しょうぶ」 と 「あやめ」 は別の植物なんです。
 しょうぶ = サトイモ科、ショウブ属
 あやめ = アヤメ科、アヤメ属
ショウブの花は蒲の穂みたいな花で、結構地味です。ですから、写真の境内に咲いている青い花はアヤメの一種であることがわかります。
ちなみに、ハナショウブという植物もありますが、これもアヤメ科、アヤメ属の植物です。

5月5日にはいろいろなことをします。
粽(ちまき)を食べるのは、中国の故事に由来します。
楚(そ)の国の 屈原(くつげん) という政治家は愛国心と正義感が強く、非常に人々から慕われていました。
屈原は国王の乱行を諌めようと忠告しますが、王の逆鱗に触れ失脚し、世を儚んで川に身投げします。
屈原を慕う人達がその川に行き、お供えとして粽を川に投げ入れて供養をし、やがて国の安泰を祈る風習になってゆきました。
5月5日にこの行事が行われるのは屈原の命日だからです。

さて、端午の節句では 「柏餅」 も食べますが、これは日本独自の文化のようです。
柏は新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があり、このことから 「子供が生まれないと親は死なない」 → 「家系が絶えない」 とされて、縁起の良いものとされてきました。
柏餅が日本に登場するのは江戸時代。9代将軍家重~10代将軍家治の頃といわれています。
ですから、中国から伝わった端午の節句の行事には柏餅を食べる風習はなかったといえるのでしょう。

最近ではコンビニエンスストアでも、年中行事にちなむ商品が販売されるようになってきました。
「○月○日には○○を食べる、○○を供える」 こういう風習が着実に残って行くには良いことだと思いますが、なぜそうなのか、ちょっと立ち止まって考えてみてはいかがでしょう?

今晩のメニューは粽?デザートは柏餅?お風呂は菖蒲湯?
薬草酒で晩酌なんていうのも・・・。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式


10月1日 月次祭

10月1日 御井社祭

10月15日 例祭・神幸祭

10月17日 神宮神嘗祭遥拝式

行事等案内

10月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。
10月4日
観月会
いわゆる「お月見」です。
常盤殿で行います。参加費1,000円。
飲食物は各自の持ち寄りです。
参加希望者は予めご連絡下さい。

10月5,12,19,26日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]