忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

天皇が天皇たる理由

昨年夏の、いわゆる「天皇陛下の譲位」に関する報道により、様々な意見や考えが出されています。
政府は平成30年を区切りとして ”陛下の御意向を汲んで譲位” を為す方向で進んでいると報道されています。
あの陛下の御発言の真意が「譲位」にあったとは私はあまり思っていないのですが、決まって進みゆくことはそれはそれとして、妙な方向に進まないように気をつけておくことが必要かとも思ってみたりします。

そんな中、神道政治連盟国会議員懇談会の皇室制度に関する勉強会の様子が神社新報の記事になっていました。
この中で、広く日本国民共通の認識として持っておくべきだろうと思うところがあるので、抜粋転載しておきます。


まずは、「天皇が天皇たる由縁はなんであるのか」という点です。
これについては神道の立場からは
・三種の神器を受け継ぐ点
・神勅に基づく点
・宮中における祭祀を続けてきた点
の3点に尽きると断じています。


さて、政府が進める「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」では退位後の天皇の称号については次のような意見が出されたそうです。
  • 「天皇」という文言を伴う称号の場合、新天皇との間で、象徴や権威の二重性の問題を惹起するおそれがある
  • 歴史を踏まえつつ、新しい概念としての「上皇」という名称だという理解で良いのではないか
  • 退位した天皇の后を「皇太后」と呼ぶ先例がある一方、「皇太后」には未亡人というイメージがあるため、退位された天皇を「上皇」と呼ぶのであれば「上皇后」もある
また、今回譲位がなされ、現在の皇太子殿下が皇位に就かれると、皇位継承順位の第1位が秋篠宮殿下となられますが、新天皇の御子ではないため「皇太子」の称号は使えないことについては
  • 秋篠宮皇嗣殿下、皇嗣秋篠宮殿下、皇嗣殿下という呼称は可能(宮内庁)
  • 皇室典範では皇嗣たる皇子を皇太子と定めているが、皇太子の定義の変更が適切か検討する必要がある
  • 皇嗣は法律概念として定着したとしても一般にはあまり認識されていないので「皇嗣」の意味を広く国民に周知することが必要
などの意見が出されたようです。

我が国の象徴たる御存在について、もっと広く国民が関心を寄せる必要があると考えますし、関心を持つように、理解を深めるようにマスメディアにはしっかりと、かつ正しく報道を行って欲しいと切に願うところです。

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ブログ内検索

祭典案内

12月1日 月次祭

12月10日 冬季祭

12月12日 氣神祭・氣神講講社祭

12月15日 月次祭(奥宮)

12月23日 天長祭

12月31日 大祓

12月31日 除夜祭


1月1日 歳旦祭

1月3日 元始祭

1月15日 卯杖祭

行事等案内

平成30年度 のぼり
奉納募集中

12月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。

12月9日
山下伶奉納演奏
クロマチックハーモニカ奏者の山下伶による奉納演奏が
12月9日14:00から拝殿前で行われます。

12月7,14,21日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]