忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

雪化粧 と 裸詣り

昨日夕方に少し雪が降りました。
程なく止んだので、珍しくうっすらと積もった雪も朝には溶けているだろうと思っていましたが・・・。

雪化粧した御本殿右の写真のように、本殿屋根は雪化粧をしたままでした。
伊太祁曽神社で、社殿が雪化粧した姿を見ることは非常に稀なことです。
おそらく、昨晩はグッと冷え込んだから、雪がそのまま凍って、残ったのでしょうね。


8台の観光バス今朝は、大阪方面から大型観光バス8台、300名の団体参拝があり、結構てんやわんやでした。
観光バスでの団体参拝はそれほど珍しいことではないのですが、1~3台の団体がほとんどです。
恵方参りで1日に10数台の観光バスがやってくることもありますが、一度に8台のバスが並んだのは久方ぶりです。
調べてみますと、一昨年の正月には15台の観光バスが一度に駐車したのが最高のようですが・・・。
( 「団体参拝バス15台」 参照 )

さてさて、そんな非常に寒さ厳しい中、恒例の少年野球団による裸詣りが行われました。

「裸詣り」 は、伊太祁曽神社の卯杖祭(うづえまつり)に、かつて行われていた風習です。
1月15日の早朝、紀の川筋の若者たちが、布施屋より神社までの約8kmの峠道を、上半身裸の下帯ひとつに注連縄を巻いて、走って参拝したといいます。
神社に到着するのが、午前5時過ぎだったとか。家族は山東軽便(現在の貴志川線)の始発に乗って、着替えを持って来たといいます。

この 裸詣り の風習は、戦後 ジョギングスタイルとなりながらも残っていましたが、昭和50年代に途絶えてしまいました。
(かろうじて、地元の古老が現在も1月15日の午前5時30分に一人で裸詣りをされています)

裸詣り お祓いこのジョギングスタイルにかわって、地元の少年野球団の子供たちが現在は裸詣りを続けてくれています。
残念ながら、学校との兼ね合いがあり、1月15日ではなくその前の練習日に、時間も早朝ではなく、午前11時頃となっていますが、いずれにしても続いているのはありがたいことです。

という訳で、その少年野球団による 裸詣り が、今日行われました。

子供たちは練習場所の、東山東小学校から神社までの1km弱の道のりを、上半身裸で走ってきます。
裸詣り 注連縄そして、拝殿前でお祓いを受け、腰に巻いてきた注連縄を、拝殿前の大杉に括り付け、無病息災を祈願します。
この注連縄は、節分まで大杉に括り付けたままにし、立春にお祓いをして取り外します。

昔から続く伝統行事が、時代の変化によって、少し形が変わりながらも残ってゆくというのは、喜ばしいことだと思います。

ちなみに、明日は 昔に行われたのと同様に、布施屋駅から伊太祁曽神社までの 裸詣 りが、20数年ぶりに復活します。

この様子は、また明日移行に!

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by かまど
  • 2009/01/11(Sun)20:47
  • Edit
明日のアップ楽しみにしております。

無題

  • by *ぽぷら*
  • 2009/01/12(Mon)19:32
  • Edit
かたちは多少違えども、何かを受け継いでゆく、残してゆくというのは大変難しく、そして素晴らしい事であると思います。
今回の裸参りが又次へと繋がってゆけば素晴らしいですね(^-^)

そして、雪化粧!
素敵です!私、雪が大好きなんです!
何時間でも、ただぼんやりと眺めて居られるほどです(笑)
神社ならではの雪景色に心があらわれました。

裸祭り

  • by 応援団
  • 2009/01/15(Thu)18:13
  • Edit
粉雪舞散る中、卯杖祭りを見学にいきました。由緒ある伝統行事が復活すると言うので楽しみにしておりましたが、11時には裸祭りが終わっておりました。それと褌姿の人が一人だけだと聞きました。来年は全員が褌で、そして時間通りに到着していただけるのを今から楽しみにしております。

かまど様

  • by 木霊
  • 2009/01/19(Mon)12:06
  • Edit
「明日のアップ」・・・。写真入のものはまだです。もう少しお待ちください。m(_ _)m

ぽぷら様

  • by 木霊
  • 2009/01/19(Mon)12:11
  • Edit
来年も裸詣りを行ってもらえそうな雰囲気だったので、嬉しい限りです。少しずつ賑やかにできればと思っています。

和歌山市内では雪が降ることは稀ですし、まして積もるとなると尚更・・・。ですから、今年は本当に珍しい天気でした。

応援団様(Re:裸祭り)

  • by 木霊
  • 2009/01/19(Mon)12:19
  • Edit
裸詣りの応援に来ていただいたようで、ありがとうございます。
行事の性格上、時間通りに行われるものではありませんでしたので、寒い中お越しいただいたのに申し訳ありませんでした。
また来年も裸詣りを行っていただけるように聞いておりますので、よろしくお願いいたします。

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式


10月1日 月次祭

10月1日 御井社祭

10月15日 例祭・神幸祭

10月17日 神宮神嘗祭遥拝式

行事等案内

10月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。
10月4日
観月会
いわゆる「お月見」です。
常盤殿で行います。参加費1,000円。
飲食物は各自の持ち寄りです。
参加希望者は予めご連絡下さい。

10月5,12,19,26日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]