忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   
カテゴリー「社頭雑感」の記事一覧

いのり と みのり の 旅

平成23年から毎年秋に行われている 「紀北キャンペーン いのりとみのりの旅」
今年も9月14日から始まりました。

紀北地域(和歌山県の北部)に鎮座する神社仏閣を巡り、紀北の食物も楽しもうというこの企画。
初年度は紀伊国一の宮の3社(日前神宮・國懸神宮、伊太祁曽神社、丹生都比売神社)と、紀の川筋の著名な3寺(高野山金剛峰寺、粉河寺、根来寺)の3社3寺を巡る旅でしたが、年々対象社寺が増えてきています。交通の便についても、駅から社寺までのシャトルバスが運行される場所も増え、大変便利になりました。
そんな紀北キャンペーンの詳細については、下記URLより。
http://www.inoritominori.com/


今年はこのキャンペーンに並行して、熊野古道紀州路というキャンペーンが和歌山県観光振興課の企画で行われています。
こちらはスタンプラリーだけの企画ですが、このスタンプがちょっと興味深い。
右の図が、伊太祁曽神社の分のスタンプです。
直径5cm程度のそれほど大きくないスタンプですが、図柄がわかりますでしょうか。
伊太祁曽神社のことをよくご存じの方はわかりますね。
「木の俣くぐり」の図になっています。

さらに興味深いのはスタンプ帳に押したときの図です。

拍手[3回]

PR

「木の国」 木を植えよう!木を使おう!

GreenTV Japan という環境映像専門の制作会社があります。
http://www.japangreen.tv/

今年の木祭りに、木の神様について発信したいので取材させてほしいと撮影されてゆきましたが、その映像が公開になりました。
http://www.japangreen.tv/ch04forest/11911.html
「木の国」木を植えよう!木を使おう!という番組です。
上記リンクから是非、ご覧ください。



拍手[1回]

日進中学校2年生 職場体験学習

6月12~14日の3日間、和歌山市立日進中学校の2年生5名が職場体験学習にやってきました。

職場体験学習

初日は神社の由緒説明や境内案内を行い、まず神社のことについて知ってもらいました。
2日目は、境内清掃の手伝いや団体参拝の見学など、神社の日常について体験してもらいました。また、人生儀礼と神社の関わりなどについて学んでもらいました。
3日目は、氏子地区内に夏に頒布する小茅輪引換券の袋詰めや仕分け作業のお手伝いをしてもらいました。
また、午後から職場体験学習終了奉告祭を執り行うため、祭典準備として玉串を各自が奉製。自分が作った玉串を神前に供えて拝礼しました。

DSC_0154.jpg

この3日間で得たことは、すぐには役に立つことはないと思いますが、きっと10年後度20年後に、何かしら役に立つと信じています。
今年の中学生は、非常に積極的に物事に取り組んでくれました。

拍手[0回]

京都市上支部神社総代会参拝

京都市上支部神社総代会参拝
 
6月13日、京都市上支部神社総代会の皆さんが参拝されました。
京都市内の護王神社などが鎮座する地区の神社で総代をされている方々の参拝旅行で、朝京都を出発してお参りいただきました。
この後、和歌山市内を観光・お土産購入などをして京都にお帰りになられるとのことでした。

引率の神職に久方ぶりにお会いする方がいて、大変うれしく思いました。

拍手[0回]

旅タカラジェンヌ取材

鳳月杏さん
 
宝塚歌劇団の団員、タカラジェンヌが各地を訪ねてゆく旅番組 「いにしえ逍遥 ~旅タカラジェンヌ」 の取材がありました。
この番組は、各地のシンボル的な社寺、大正浪漫の香り漂うレトロでオシャレなお店、伝統が今に生きる古き良き老舗などを中心に取材を行っているそうです。
CS放送のタカラヅカ・スカイステージ(http://www.skystage.net/ : 宝塚歌劇の専門チャンネル)で、約2週間の期間ほぼ毎日放送されるそうです。

今回の取材では 「和歌山・海南方面」 ということで、木の神様を祀る伊太祁曽神社に参拝ということになったようです。
お越しになられたのは 月組男役の鳳月杏さん。
本殿に参拝の後、木の俣くぐりを体験されました。

番組は6月下旬に数回放送されるそうです。またKBS京都では7月7日に放送予定とのことです。

拍手[0回]

みどりの少年団

5月18日に 「わかやま森林と樹木の日」 記念行事が氏子地区内にある四季の郷公園で開催されました。
わかやま森林と樹木の日 は平成23年に和歌山県で行われた 第62回全国植樹祭 を記念して設けられた日で、「全国植樹祭の意義を後世に伝え、県民みんなで和歌山の森林や樹木を守り育て、緑豊かな和歌山を将来に引き継いでゆく という主旨で定められ、記念行事が行われています。今年は2回目の開催となります。

記念行事には 「みどりの少年団」 約200名も参加。
みどりの少年団は、県内の小学生及び中学生で結成されており、森林や樹木あるいは野鳥に親しむことを通じ、また校外における団体教育によって規律ある生活のもとに自然を大切にする思いや林業に関する知識を身に付け、豊かな人間性と健康で明るい社会人に育ってもらうように活動しています。
古事記神話の実体験 木の俣くぐり

四季の郷公園での行事を終えた後、約70名の みどりの少年団員 が木の神様を祀る伊太祁曽神社を参拝しました。
参拝の後、神社の由緒を聴き、また木の俣くぐりを体験しました。

拍手[0回]

結婚式のパンフレット撮影

パンフレット撮影

お天気が良い中、貸衣装屋さんの結婚式パンフレットの撮影が行われています。
新緑に花嫁さんの白無垢が映えます。

拍手[0回]

親子木工教室

5月4日みどりの日に、恒例となりました親子木工教室を開催しました。今年で6回目になります。
今年は、コマづくりに挑戦してもらいました。
使うコマは、アトリエ倭さん(埼玉県ふじみ野市:http://a-yamato.main.jp/happa.htm)の作品。
アトリエ倭さんの作品は、おもちゃ電車内の陳列棚にも飾られています。
コマづくりの指導は、Jクオリアさん(兵庫県芦屋市:http://www.j-qualia.jp/)が行ってくれました。

コマ自体は、完成品で参加者には角のヤスリ掛け作業を行い、彩色するというもの。
参加してくださったご家族は、それぞれ親子仲良く、そして楽しく作業をしていました。

 

拍手[1回]

開花宣言

昨日、「まだ桜はつぼみです」 と記したばかりですが、今日は暖かくなったせいか急に花が咲きだしました。

陽光
参道に植えてある陽光は早咲きの桜ですが、今朝から花開いています。

そして、境内の山桜で一番最初に花が咲くこの木も、お昼前にはこの状態。
山桜
午後にはすっかりと花が開き、現在5分咲きといった様子・・・。

そして、ソメイヨシノはというと・・・
ソメイヨシノ
写真のように咲き始めました。夕方には数輪の開花を確認しましたので、開花宣言です。

折しも、昨日和歌山県にも桜の開花宣言が出されたようですね。
それにしても、今咲いてしまうと、4月7日の木祭りは、10年ぶりくらいに桜の花のない祭りになりそうです・・・。

拍手[0回]

東京では開花宣言が出ましたが・・・

東京ではソメイヨシノの開花宣言が出されたようですね。
靖國神社境内にある基準木に花が咲いたら開花宣言が出されるのですが、上野公園の桜は既に見頃の様子です。(ソメイヨシノではないという報道も見られましたが・・・)

さて、東京より暖かいであろうと想像される和歌山県ですが、和歌山市内ではまだ開花宣言は出されていません。
和歌山の場合、和歌山市は紀三井寺に基準木があるそうです。
開花宣言はさておき、伊太祁曽神社境内の桜はどうかと言いますと・・・。

河津桜

ご覧の様子!
ですが、これは河津桜という品種で、ソメイヨシノよりも早く花が咲きます。
境内のソメイヨシノはまだまだつぼみが固く、開花まではもうしばらく時間がかかりそうです。
もっとも、今年は木祭りが4月7日と一番遅い日程ですし、例年木祭りの頃に桜が見ごろとなりますから、今から開花されてしまっては困るのですがね・・・。

拍手[2回]

謹賀新年

謹賀新年

少し遅くなりましたが、新年おめでとうございます。

2日の参拝者に振袖姿の女性の一団がいらっしゃいましたので、写真を撮らせていただきました。
やはり日本人は着物姿が一番良いですね。

年頭のブログ更新に、華やかなこの写真を使わせて貰うことにしました。

初詣がまだの方、どうぞ着物を着てお参り下さい。

拍手[2回]

消防自動車清祓い

岡崎分団森小手穂班消防自動車清祓い神社の鎮座する山東地区(西山東地区・東山東地区)のお隣り、岡崎地区の消防分団で消防自動車が新しくなった班が清祓いに参拝されました。

消防自動車の清祓いは、普通の車のお祓いより気を使いますね。
なにしろ、緊急車両ですから非常時にはいち早く現場に到着することが求められます。
勿論、無事故でね。
そして消防活動には危険がついてまわります。団員の安全も祈願しなくてはいけませんからね。

しっかりとお祓いいたしました。

拍手[2回]

巳のめぐみ

明年、平成25年は 巳年 です。

巳=蛇 なわけです。蛇そのものについては嫌いな方も多いと思います。
しかし、不思議なことに、女性は蛇革のものは結構好んで所有されたりしますよね。

昔から 「蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運に恵まれる」 などと言います。
特に、綺麗に頭から尻尾まで脱皮したものが良いとか。

チェンソーアートところで、毎年伊太祁曽神社の木祭りでは、龍神村に住む城所啓二さんが チェンソーカービング の実演奉納をして下さいます。彫刻するのは明年の干支ですので、今年は 巳 を彫刻されたわけです。
丸太からチェンソーで彫刻しますから、沢山のオガクズが出るわけですが、このオガクズはいわば丸太から脱皮して蛇が誕生した 「抜け殻」 !
という訳で、この抜け殻を 御神前にお供えして、金運守りとして頒布いたします。
巳のめぐみその名も 「巳のめぐみ」 。
お財布や、よく持ち歩くカバン、そしてお家の金庫などに入れておくと良いのではないでしょうか。

当然、今年のチェンソーカービングで出てきたオガクズしか使えませんので数に限りがあります。
(充分な数は奉製できていますが、このオガクズが無くなればそれ以上の奉製はできません。あしからず。)
1体300円でお頒ちしております。(授与品の郵送頒布は致しませんのでご了承下さい。)

拍手[2回]

結婚式で新郎新婦がお世話になった両親や親族へのお礼に企画したこと

先日は、挙式後の移動に わかやま電鉄貴志川線の貸切電車 「寿号」 を利用できることを紹介しました。

神社での結婚式というと、昔ながらのしきたりがあって堅いものだと思っている方も多いのではないでしょうか?
勿論、挙式自体は儀式ですから決まりごともいろいろとありますが、式を執り納めた後はそうでもありません。

伊太祁曽神社で挙式をされた方の中には、お二人のアイディアでユニークなことをされた方もいらっしゃいます。
その1つが先に紹介した 寿号 です。勿論、これは神社とわかやま電鉄が企画として温めていたものですが、実現させるかどうかは新郎新婦お二人によるものです。

その他にも、新郎新婦お二人からの提案で行った企画がありますので紹介します。

新郎新婦による餅撒き1つは、以前にも紹介しましたが 餅撒き です。
和歌山県は全国的にも餅撒きが盛んな土地柄のようですが、結婚式でもしばしば餅撒きが行われます。
撒かれるお餅も、紅白セットにしたものだったり、赤・白それぞれだったり、少し大きなお持ちに「寿」と記したものだったりいろいろです。
また、お餅だけでなくお菓子なども一緒に撒かれることもあります。
餅撒き
お餅などは、両親や親族へのお礼と幸せのおすそ分けとして撒かれるのですが、中には親族だけでなく、その時居合わせた参拝者にも是非加わって欲しいという新郎新婦もいらっしゃいます。

お餅は挙式の間、本殿にお供えし、式を執り納めた際に神職が神前から戴いてきて、新郎に三方ごとお渡しします。新郎は三方にのったお餅を捧げ持って新婦と共に餅撒きの場所へ行き、皆さんにお餅を撒くのです。


鏡開き鏡開きを行った新郎新婦もいらっしゃいます。
鏡開きと言うと、一般的にはお酒の入った菰樽の蓋を木槌で叩いて開ける儀式ですが、このお二人が提案された鏡開きの樽の中身はプチギフト。

プチギフトを手渡し挙式後、参列の親族や、挙式の様子を見守りに来た友人を集めて 鏡開き を行い、中から出てきたプチギフトを、皆さんに1つずつ新郎新婦が手渡ししていました。

これも、二人の気持ちがこもったとても良い取組みだったと思います。


他にも、和歌山県南部にある田辺市の山中に桜の若木を植樹し、数年後にその桜材を用いて家具などをつくれる企画もあります。勿論、樹木が大きく育つまでには時間がかかりますので、植樹を行い、代わりに桜材を提供してもらうことも可能です。こういう取組みをしてくれる材木屋さんからご提案をいただいています。

こんな風に、伊太祁曽神社での神前結婚式では、新郎新婦お二人の気持ちを大切に、極力ご要望に沿ったお式の実現にもお手伝いさせてもらっています。
 

拍手[1回]

婚礼列車「寿号」

新郎新婦とニタマ駅長先日の挙式では、わかやま電鉄との共同企画による 婚礼貸切列車 「寿号」 が運転されました。
既に、新聞記事を掲載していますが、当日の写真が届きましたので掲載しておきます。


「寿号」 プランは、伊太祁曽神社で結婚式を挙げ、その後の披露宴や家族親族による会食を和歌山駅周辺などで行う場合、伊太祈曽駅から和歌山駅までを、貴志川線の電車1両を貸切にして移動するというプランです。

新郎新婦とたま駅長代理この企画は、わかやま電鉄開業当初より当神社と練っていました。当神社で挙式をされたご夫婦数組が検討されたりはしましたが、いろいろな事情でこれまで日の目を見ることはありませんでした。
今回挙式をされたお二人は、伊太祁曽神社の結婚式案内に 寿号 が記されているのを見て、わかやま電鉄に問い合せたそうです。

当日は、伊太祈曽駅で ニタマ駅長(写真上) や たま駅長代理(写真右) も祝福に駆けつけてくれたみたいです。
ニタマ駅長は新郎に抱っこされて、貴重なスリーショットの撮影もあったようですね。

ブライダルトレイン今回の 寿号 は いちご電車 が担当しました。
電車には、「寿」 の文字を記したヘッドマークが掲げられました。
貴志川線の貸切列車は、2両のうちの1両を貸切にするものですが、両家親族と友人が乗車するには充分な広さです。

こういった形で式を挙げられると、親族や友人だけでなく、たまたま当日居合わせた見ず知らずの方も祝福してくれますし、またその時居合わせた方のほうもとても幸せな気持ちになれますね。
伊太祁曽神社での挙式をお考えの方。こんな素敵な結婚式はいかがでしょうか?
 

拍手[3回]

ブログ内検索

祭典案内

4月1日 月次祭

4月2日 木祭り

4月15日 月次祭(奥宮)

4月29日 昭和祭

行事等案内

4月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。

4月22日
琵琶演奏演会

4月6,13,20,27日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

5月4日(祝)
第10回親子木工教室

くわしくはこちら

植樹します!

グリムスは、ブログで苗木を育てる育成ゲームです。育成中の苗木はブログパーツとしてあなたのブログに貼り付ける事が可能です。

暦(カレンダー)

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]