忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   
カテゴリー「社頭雑感」の記事一覧

結婚式貸切列車「寿号」運転

先日、当神社で挙式されたお二人が、挙式後の披露宴開場への移動に、わかやま電鉄の 「いちご電車」 を貸し切りました。
当日 「寿号」 としてヘッドマークも付けられ、伊太祈曽駅では紋付袴姿のニタマ駅長も出迎えたそうです。

この企画は、わかやま電鉄開業当初より、当神社との話し合いで練られていた企画ですが、この6年間興味を持つカップルは数組ありましたが、今回初めて実現したものです。

新郎のご両親も伊太祁曽神社で挙式をされたそうで、親子2代の挙式がとても思い出深いものになったのではないでしょうか。

新郎新婦のご了解をいただいていますので、写真は後日アップさせていただきます。
とりあえず、こちらの新聞記事を記載しておきます。

38337073.jpg 和歌山電鉄のウエディング貸し切り列車「寿号」が24日、初運行した。結婚する2人の門出に、伊太祈曽駅のニタマ駅長も紋付きはかま姿で祝福。晴天の下、花婿と花嫁の笑顔が咲いた。
 門出を迎えたのは、紀の川市の林文規さん(32)と和歌山市の中田綾さん(33)。寿号プランは南海電鉄から経営を引き継いだ6年前に企画されたが、申し込みはなく社員も忘れていたという。2人が式の準備で訪れた伊太祈曽神社(祈原文ママ)(和歌山市)で偶然プランのチラシを見つけ、「いい思い出になれば」と申し込んだという。
 同神社で式を挙げた2人を、ピンク色の紋付はかまを着たニタマ駅長が駅前でお出迎え。親族や友人らと記念撮影を楽しんだ後、一同はいちご電車に「寿」のヘッドマークを付けた寿号に乗り込み、披露宴が行われる和歌山市内へ移動した。
 中田さんは「天気にも恵まれ、一生に一度の特別な日になりました。」 同電鉄によると、ニタマ駅長は「寿号で幸せのお手伝いができればいいニャー」。

拍手[0回]

PR

吉備津彦神社総代会参拝

9月28日、岡山県に鎮座する吉備津彦神社の氏子の皆さんが参拝されました。
当日朝岡山を出発し来和。昼食を紀三井寺で済ませての当神社参拝でした。
日帰りだそうです。

岡山県と和歌山県は、仮名で記すと 「おかやま」 「わかやま」 と1文字違いですし、発音も比較的にているので、我々和歌山県民は時々岡山県から来たと聞き間違えられることがあります。
多分岡山の方が和歌山と聞き間違えられることはあまりないと思いますが・・・。

また、貴志川線の存続に両備グループが力を貸してくれたこともあり、私たちにとっては非常に親しみのある岡山からの参拝者でした。

拍手[2回]

城まちeco観光レンタサイクル

城まちeco観光レンタサイクルが9月15日より始まりました。(10月28日まで)

レンタサイクル

自転車を、和歌山駅や和歌山市駅、和歌山城観光案内所などで借りて、和歌山市内の観光をしようという企画で、借りた自転車は別の貸し出し所に乗り捨てすることもできます。

4つのモデルコースが設定されていて、それぞれのコースには3箇のチェックポイントが設置されています。
このチェックポイントにあるスタンプを集めると、記念品と交換してもらえます。

伊太祁曽神社は 「和歌山三社詣でと田園コース」 のチェックポイントになっています。
このコースの所要時間は90分足らず。秋の爽やかな風の中サイクリングするには丁度よい時間ではないでしょうか。

レンタルできる自転車の種類も、普通の自転車以外に、電動アシスト自転車、スポーツサイクルの3種類あります。
詳しくは、以下のURLを参照して下さい。
http://tb-wakayama.jp/content/shiromachieco/

拍手[1回]

桧皮

DSC_0185.jpg

神社の社殿はいろいろな材料で屋根が葺かれています。

例えば伊勢の神宮は茅葺(かやぶき)。
当神社など、古くからの神社の多くは桧皮葺き(ひわだぶき)です。出雲大社は今葺き替え中ですね。
それから、近年増えてきているのが銅板葺。
あまり見かけませんが板葺き(いたぶき)のお社もあります。
瓦葺き(からわぶき)の社殿と言うのはほとんどありませんね。

この桧皮葺き屋根と言うのは耐用が30年程度だそうで、伊太祁曽神社は一昨年に葺き替え工事を行いました。
出雲大社は60年毎に遷宮を行い葺き替えることになっていますが、その間に部分改修は行うそうです。

桧皮葺きの材料は文字通り、桧の皮、つまり樹皮です。
立木から皮を剥いで使うのですね。
いろいろと意見があるようですが、定期的に皮を剥いでやるほうが虫等がつきにくくてよいという考えもあるようです。
ただ、立木から皮を剥ぐわけですから、技術が必要です。下手な作業をすると木が枯れてしまうこともあるそうです。
そんな訳で桧皮剥ぎの職人さんというのはそれほど多くないようですし、何よりも桧皮を剥げる桧が減少しているようで、桧皮葺き屋根はお金さえかければ出来るという状況でもなくなっているようです。
材料の入手が困難なようですね。

伊太祁曽神社の境内にも桧が生えていますので、今回桧皮剥ぎをして頂きました。
剥いだ桧皮は写真のように整形して、屋根を葺ける状態にして保存しておくのだそうです。
一般的に2尺5寸を用いるということで、この寸法にカットしてあるそうです。
今回の作業では写真のような量が採取できたそうです。

これらの桧皮は、やがてどこかの神社の屋根に用いられることになるのでしょう。

拍手[0回]

「いのり」と「みのり」:紀北の12社寺特別プログラム

昨年、11月1日~11月30日に実施された 「いのり」と「みのり」の旅 (主催:「祓い、祈り、希う」和歌山紀北キャンペーン社寺連絡会、JR西日本、南海電鉄、和歌山電鐵) が、今年も開催されることになりました。

今年は9月20日~12月10日と期間も長くなり、特別プログラムの実施も12社寺に増えました。
キャンペーンの詳細につきましては、近々 JR西日本、南海電鉄、和歌山電鐵 の各駅に掲出されるポスターや配布されるチラシをご覧頂きたいと思います。

伊太祁曽神社での特別プログラムは、昨年同様に御垣内参拝と神職による由緒説明、そして端材を活用したエコ箸づくりです。
このお箸づくりについては、伊太祁曽神社が単に木の神様を祀っているから木のお箸を造るといった単純なものではないのですが、そんな説明も特別プログラム参加の方には説明をさせていただく予定です。
とはいえ、限られた時間での説明となりますので、詳細については以下に記した、過去のブログ記事を参考にしていただければと思います。
また、今回のお箸作りのキットは、このブログの記事から誕生したモノなんですね。最後のほうにはそんなことも記しています。

・少し古い記事ですので統計の数値などは現在と異なる場合が在ります
・各タイトルに元記事へのリンクを貼っていますが、読み易い様に同一内容をコピーして掲出しています。大変な長文になっています。予めご了承下さい。
・各記事にはコメントが付けられたりしていますので、興味のある方は、元記事もご覧ください。

つづきはこちらから


 

拍手[1回]

宮本静さん新曲ヒット祈願

黒江からころ為の女

紀の川市在住の演歌歌手 宮本 静 さんが、新曲 「黒江からころ為の女(ひと)」 のヒット祈願に参拝されました。
宮本さんは、平成27年に開催される わかやま国体 の応援ソングを歌うアーティストの1人でもあります。

今回の新曲は漆器の町 海南市黒江 を描いた曲であり、漆器は木の神様と縁が深いことから、伊太祁曽神社でのヒット祈願となったそうです。

祈願には、ファンの方も駆けつけ、約20名での参拝となりました。

参拝後、神前で新曲を歌い奉納されました。

拍手[3回]

まねきねこダック訪問記

以前に、某生命保険会社のマスコットキャラクターが参拝したという記事を書きました。
http://itakiso.blog.shinobi.jp/Entry/840/


このキャラクターは各地を訪問して廻っているのですが、その様子がブログに紹介されています。
訪問直後から、貴志川線でロケしたCMの放送も始まり、徐々にブログで沿線紹介がされてきましたが、ようやく伊太祁曽神社の番がきました。
http://ameblo.jp/manekinekoduck-blog/entry-11330758246.html

やっぱり、木の俣くぐりですねぇ~。
まねきねこダック君には、充分すぎる大きさの木の俣くぐりだったようでした~。

拍手[0回]

幸ジュニアファイターズ参拝

大阪府和泉市の少年野球チーム 幸ジュニアファイターズ の子供たちが参拝されました。
自由参拝の後、神社から簡単な由緒説明を行いました。

丁度、雨が止んでいる間のことで、バスが出発して間もなくまた雨が降り始めました。

拍手[0回]

和歌山木材協同組合新理事長就任報告参拝

和歌山市内の木材業者の組合、和歌山木材協同組合では任期満了による役員改選が行われ、新理事長に株式会社宮本工業の宮本次朗社長が就任されました。

本日は、台風接近と言う悪天候ではありましたが、就任報告参拝に来社。
木の神様に、理事長就任の参拝をされました。

拍手[1回]

まねきねこダック

某生命保険会社のイメージキャラクター まねきねこダック が、伊太祁曽神社を参拝しました。
http://www.aflac.co.jp/

まねきねこダックは全国各地をいろいろ旅しているのですね。
ブログには、時々旅行記が掲載されていそうです。
http://ameblo.jp/manekinekoduck-blog/

今回の旅は、どうやら猫つながりで、貴志川線のたま駅長に会いに行く旅だった様で、その道中に 伊太祁曽神社 も参拝した様子。
この旅の様子は、来月下旬くらいに、まねきねこダックブログに掲載されるそうです。

拍手[2回]

月川るりさん撮影

月川るりさん昨年、一昨年と2年続けて茅輪祭の奉能舞台でミニ歌謡ショーをしていただいた演歌歌手の 月川るりさん が写真撮影のため来社しました。
伊太祁曽神社の境内を気に入っていただいたようで、今後のポスターやCDジャケットなどに使うのでしょうか、写真撮影をされました。
 

拍手[5回]

茅輪祭協賛行灯奉納のお願い

毎年7月30~31日に執り行う、伊太祁曽神社の茅輪祭。
一般に、夏越の祓いである茅輪くぐりは6月30日の大祓に行われるのですが、伊太祁曽神社では明治以降は旧暦6月30日に執り行っていたようです。戦後のある時期から、月遅れの7月30日を宵祭、31日が本祭として斎行するように変わったようです。

さて、この茅輪祭ですが、和歌山市内では 「わくぐりまつり」 としてちょっとは名の知られた祭礼になっています。
両日とも夕刻より奉納舞台でさまざまな奉納行事が行われ、露店も多く並ぶので参拝者が多いのでしょう。
夕刻から夜の参拝者が多いため、参拝者の明かりとして行灯を掲げるのですが、これは崇敬者から奉納いただいています。

今年も、茅輪祭奉納行灯の受付を開始いたしました。ご奉納いただきますと、奉納者の氏名(または団体名)を行灯に記して割拝殿に掲げるほか、奉納行事プログラムにも協賛者として掲載させていただいております。
奉納は1口1万円となっております。詳しくは神社までお問合せ下さい。
 

拍手[4回]

大阪木材商伊太祁曽講代参


伊太祁曽講大阪木材商伊太祁曽講の毎年恒例の参拝がありました。
大阪木材商伊太祁曽講は、大阪府下の材木商によって結成されている講で、講員を4つのグループに分け、順番に代参をしています。
今年は第6・17・19・27・30・36支部の25名余が参拝されました。

本殿参拝の後、常盤殿にて直会。
その後、りんくうタウンのアウトレットモールへと出発しました。

拍手[0回]

あじさいの会総会

あじさいの会の平成24年度総会が行われました。
あじさいの会は伊太祁曽神社の敬神婦人会で、毎月の月次祭の参列を始め、諸祭典への参列・準備お手伝い、境内の清掃などを熱心に御奉仕いただいています。

平成23年度の活動報告並びに収支報告が行われ、本年度の活動予定が示されました。
総会議事は全て原案通り可決されました。

総会に引き続き、懇親会が行われ、神社職員もお相伴に預かりました。

拍手[0回]

境内の桜が見頃です

3日の近畿地区は雨風が強かったのですが、伊太祁曽神社境内の桜は満開になる前だったので、ほとんど散ることもなく無事に残りました。

4日は打って変わっての好天。そこで境内の桜の写真など少し撮影してみました。

 
桜
s_0158.jpg s_0031.jpg
s_0019.jpg
s_0061.jpg s_0155.jpg

この週末はまだ見頃だと思います。
お花見を兼ねて、是非お参りください。

尚、神域内での飲食はご遠慮いただいておりますので、予めご了承下さい。

拍手[3回]

ブログ内検索

祭典案内

4月1日 月次祭

4月2日 木祭り

4月15日 月次祭(奥宮)

4月29日 昭和祭

行事等案内

4月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。

4月22日
琵琶演奏演会

4月6,13,20,27日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

5月4日(祝)
第10回親子木工教室

くわしくはこちら

植樹します!

グリムスは、ブログで苗木を育てる育成ゲームです。育成中の苗木はブログパーツとしてあなたのブログに貼り付ける事が可能です。

暦(カレンダー)

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]