忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

茅輪祭 くぐり初め神事 (くぐりぞめしんじ)

ようやく、お祭りの片付けなども落ち着いてきました。
7月30・31日の茅輪祭の様子などをUPしてゆきます。
尚、後日この記事は7月30日のところへ移動させますので、予めご了承ください。

さて、

くぐり初め神事7月30日、午後6時に、茅輪祭の開始となる、「くぐり初め神事」 が執り行われました。
この行事は、茅萱で編んだ大茅輪に掛けた注連縄を、宮司が切り開いてくぐりはじめる神事です。

時刻になると、宮司以下祭員が参進してきます。
参列者は、予め人形(ひとがた)を頂いて、持って並びます。
まず、宮司が 大祓詞(おおはらいのことば)を奏上し、参列する諸人達を清めます。
特別参列者の方々続いて、各自が持っている人形で、自己の体を撫でて、息を吹きかけ、知らず知らずの罪・穢れを、人形に移します。
次に、宮司が大茅輪の前に進み出て、茅輪に掛けられている注連縄を切り開きます。
宮司に続いて、特別参列者の方が、まず茅輪をくぐってお参りしてゆきます。
特別参列者というのは、氏子総代、神社の関連団体代表(婦人会や崇敬会)、氏子地区自治会長などです。
今年は、30日の神賑行事として行われるカラオケ大会にゲスト歌手としてお招きした、神園さやかさんも参列されました。

浴衣姿の参拝者も多く見られました宮司・祭員、特別参列者が3度、大茅輪をくぐって拝礼された後、一般参列者の方が順次茅輪をくぐり、お参りをします。
今年も、浴衣姿の参拝者が随分と見受けられました。
 
人形を持ったまま大茅輪を3度くぐり、最後に祓戸の神様が祀られている祭壇に人形を納めて拝礼します。
帰りに、小茅輪を頂いて帰り、家の玄関に掛けると、一年間家族が無病息災でいられると昔から伝えられています。
また、「五色絲(ごしきのいと)」は、昔から裁縫上達のお守りとして女性が受けて帰ります。今日では、「女性のお守り」として、皆さん受けて帰られます。
五色絲は、そのまま持っていても構いませんが、その糸をふだん良く使うものに縫い付けておくのが良いようです。


ブログランキングに参加しました。順位が上がると多くの方に読んでいただけます。
書き込みの励みになります。応援クリックお願いします m(_ _)m

人気ブログランキング←こちらをポチっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ←どれでもポチっと

gremzはブログで苗木を育てます
大きく育つと現実世界に植樹がされます

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

8月1日 月次祭

8月15日 月次祭(奥宮)

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式

行事等案内

8月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。

8月3,10,17,24日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]