忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

玉串料・初穂料の包み方

最近時々問い合わせがあるのが、神社で祈願・祈祷して貰うときのお供えについてです。


一番多いのは やはり金額ですが これは本来は決まっていないものです。

願主の神様に対する気持ちを包むものですから、多くの神社では 「お気持ちで」 「お志(こころざし)で」 といわれるのです。

結婚式などの祝賀会の 「ご祝儀」 も、それぞれの付き合いや立場の違いで金額が異なりますよね。

と云っても埒があかないので、当神社の場合は祈願にもよりますが、本殿での祈願につきましては5,000円・10,000円を包んでこられる方が多いです。ご参考まで。
詳しくはそれぞれの神社にお問い合わせいただくのが良いと思います。

 


 

お供えを包む袋ですが、一般に市販されている熨斗袋で結構です。

水引は 「花結び・蝶結び」 と 「結びきり・固結び」 の2種類がありますが、祈願によって使用するものが異なりますから注意してください。
水引の色は紅白です。
時々白黒や黄白の水引のものに包んでこられる方がいますが、これは葬儀に用いられるものです。
黄白は関西地区で、50日祭(仏事では49日法要)以降の霊前(仏前)へのお供えとして用いられます。

【花結び・蝶結び】

花結び結び目を簡単に解くことができるので、繰り返してよい祝い事に用いられます。
具体的には結婚式以外の祝い事、安産・初宮・七五三など。
また、家内安全や商売繁昌などの一般祈願に用います。

 

【結びきり・固結び】

結びきり結び目が固く解けないことから、1度きりを願う祈願に用います。
祝い事では結婚式、他には厄除けや病気平癒祈願に用います。
また、鮑結び(あわびむすび:あわじむすびとも)という結び方のものを用いることもあります。

 


 

表書きは、上段に 「玉串料」「初穂料」「お供え」 などと記し、下段に氏名を記します。

「玉串(たまぐし)」とは神前に供える榊のことで、神社での祭典や正式参拝の祭には玉串拝礼という拝礼作法にて行います。

また 「初穂(はつほ)」 はその年に最初に採れた稲穂のことを指し、感謝の気持ちをこめて神様に供えられました。

ですから、「玉串料」 も 「初穂料」 も意味としては 「お供え」 と全く同じことです。

 


 

神社でご祈願を行う際に、お財布から現金を出してそのまま渡される方が時々いらっしゃいますが、祈願料・祈祷料は本来 「代金」 ではなく、あくまでも 神様へのお供え ですから、きちっと包んで渡すのが作法かと思います。

拍手[23回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式


10月1日 月次祭

10月1日 御井社祭

10月15日 例祭・神幸祭

10月17日 神宮神嘗祭遥拝式

行事等案内

10月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。
10月4日
観月会
いわゆる「お月見」です。
常盤殿で行います。参加費1,000円。
飲食物は各自の持ち寄りです。
参加希望者は予めご連絡下さい。

10月5,12,19,26日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]