忍者ブログ

木の神様を祀る伊太祁曽神社(和歌山市鎮座)のブログ。

木の国神話の社 禰宜日誌

   

日本木青連全国会員広島大会

広島大会6月14日に広島市で開催された、日本木材青壮年団体連合会全国会員広島大会に出席してきました。
材木屋さんの青年会の全国大会です。全国から700名近い会員が集いました。
会場は、式典および講演会を広島国際会議場で、懇親会が全日空ホテル。

式典では、国旗行事以下各挨拶があり、続いて表彰式が執り行われました。
日本木青連が行っている、全国木工作コンクールや木材活用コンクールの受賞者への表彰式です。

木材活用コンクールでは、南方熊楠記念館が最優秀賞にあたる 「林野庁長官賞」 に選ばれました。
南方熊楠はご存知の通り、和歌山県出身の植物学者(粘菌学者)です。
その南方熊楠を顕彰する記念館が和歌山県田辺市にあるのですが、その建物が長官賞に選ばれました。

続く、講演会では基調講演とパネルディスカッションが行われました。
まず、島根大学の山下晃功教授による 「木育」 についての基調講演が行われました。
我々日本人の文化は木材によって支えられ発展してきている。
木材の良さは、日本人は万人が知っているといっても良いほどであるが、反面木材利用が伸びないのは、供給側のどこかに問題点があるから。
学校現場でも、木材に触れる機会が激減しつつあり、各都道府県や市町村にある科学館などには、木工作室がない。しかし、木工作をやらせると、子供は勿論、大人も結構夢中になる。
木工作室をどんどんつくるべきだというお話がありました。
ちなみに、先生のお膝元である島根県の出雲科学館には木工作室があるそうです。

パネルディスカッションでは、各地で 「木育」 に取り組まれている方々の実例報告が行われました。
京都大学の川井秀一教授がコーディネーターを勤め、北海道の煙山泰子KEM工房主宰、損保ジャパン環境財団の北健治専務理事、全国造形教育連盟の永関和雄委員長、愛知県木材青壮年団体連合会の近藤修司氏がパネラーに、また先ほどの山下教授がコメンテーターとして座られました。

それぞれに、それぞれの立場で行われている 「木育」 の紹介がされましたが、 「木育」 自体には正解ややり方のルールはなく、「あれも木育、これも木育」 というのが非常に印象に残りました。

この式典の合間や、引き続き行われた大懇親会では、久しぶりに会う各地の会員の方や、またこれまでネットではやりとりしていて、今回初めてお目にかかる方、はたまたそれらの方から紹介してもらった、全く初めて会う方々とも大いに交流してきました。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

祭典案内

9月1日 月次祭

9月15日 月次祭(奥宮)

9月23日 秋季皇霊祭遥拝式


10月1日 月次祭

10月1日 御井社祭

10月15日 例祭・神幸祭

10月17日 神宮神嘗祭遥拝式

行事等案内

10月20日
境内清掃作業
朝8:30に朝拝を行い
お掃除を行います。
ご都合の許す範囲でご参加下さい。
途中からの参加も大歓迎です。
10月4日
観月会
いわゆる「お月見」です。
常盤殿で行います。参加費1,000円。
飲食物は各自の持ち寄りです。
参加希望者は予めご連絡下さい。

10月5,12,19,26日
真愛整体ヨガ教室
10:30より毎週木曜日(第5木曜日はお休み)に常盤殿で行っています。
回数券制なのでお気軽に
ご参加いただけると思います。

暦(カレンダー)

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[05/14 和佐]
[07/03 ながお]
[07/02 ながお]
[06/29 ながお]
[05/25 あずはる☆ブログ]
[01/07 石都都古和気神社・祢宜]
[06/26 通りすがりのものです]
[08/29 通りすがり]
[08/02 通りすがり]
[05/16 ぽぷら]

カウンター

アクセス解析

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
Copyright ©  -- 木の国神話の社 禰宜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]